大雄山最乗寺に行ってきました

 

天気予報ではこの週末から崩れ、梅雨入りするとのこと。その前に「新緑狩り」を兼ねて大雄山最乗寺、導了尊・奥の院まで行ってきました。奥の院までの階段は踊り場なしの354段。さすがに到着後は呼吸困難(?)に陥ってしまった。休憩用の椅子に横たわりしばらく休ませていただいた。帰路(下山?)は裏の杉林に囲まれた山道を。

 

そのあと、足柄ふれあいの森を視察。週末に孫が学校の行事でキャンプに行くとのことだったので様子見に行った次第。(親ばかならぬ爺ばかそのもの?)

親切な受付の方に「見学者」のネームプレートをいただき場内をしっかりと見させていただいた。様々な団体が野外活動をしていた。平穏な日々を感じさせられる一日でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください